FAQ - 質問と答え

他の経営コンサルティング会社とセルゲイ・フランク・インターナショナル社の違いは何ですか?

特に2つの観点において違いがあります:弊社のコンサルタントチームは、有名なインターナショナルコンサルティング会社で20年以上の豊富な経験を集めた者で結成されており、フレキシブルで対応が速く、コンパクトに結束したチームです。そのため運営上で小さなチームの中で広範囲にわたる深い専門知識を役立てることが可能になるのです。

さらに弊社のコンセプトは、セールス、エグゼクティブサーチ、オーガニゼーションの3つの柱で成り立っています。この密接に関連した3つの分野で、プロジェクト一つに限らず、例えば人材探しからはじめて、新しい人材を新しい組織への入社初期期間までサポートしたりすることが出来ます。今日頻繁に求められる複合的なインターナショナルプロジェクトは全て弊社で承れます。

なぜ現地で人材エージェントやコンサルティング会社を使わないほうがいいのですか?

弊社のコンサルティングの利点は、チームが依頼側の要望、企業文化や求められる人材のプロフィールをよく理解していることです。 これは、書面上だけではなく長期にわたるクライアントとの連携作業を通し、具体的な経験から得られたものなのです。 これは決定的なことです。特に本社と海外支店、もしくは海外の販売代理店との共同作業が円滑に行われなければいけない海外事業においてはそうです。弊社は両方の側に精通していますから国内ばかりでなく、国外でもクライアントをサポートできるのです。

人材派遣会社と経営コンサルティング会社との違いは何ですか?

人材派遣会社は個々のポジションへの人材リクルートが目的で、それに見合った履歴を探し出して提供するだけです。

それに対して経営コンサルティング会社は一つのポジションを見るだけではなく、そのポジションの社内での機能を見ていきます。人材を求める際のサポートだけではなく今ある企業構造の観点からもサポートします。 今までの組織の中で間違った場所に置かれていたり、肝心なところでうまく機能しなかったりしたため、ポジションが空席になった時など、専門家の視点から、うまくいっていない状態を修正できるのです。

コンサルティングに関して特に専門としている国がありますか?

いいえ、ありません。弊社は海外事業を確立したい、創立したいという中小企業を重点にしているからです。 ロシアやCIS諸国、中国、東南アジアや中東、ヨーロッパ諸国全体で企業のコンサルティングをしています。

特に専門にしているコンサルティングの分野はありますか?

いいえ、弊社のコンサルティングは企業の国際化が重点です。それには新しいマーケットに参入する際、または現地でのビジネスを拡張する際、重要となる事項がすべて含まれます。 国際化への道は様々な分野で似通っていることが多いため、専門分野を決めないようにしています。それにより、弊社のサービスは分野に固定されないグローバルな見解のできるサービスになるのです

どうして中小企業だけを対象にしているのですか?

それが弊社の強みだからです。弊社では、販売、人材、オーガニゼーションなどの面を含めた総合的なコンサルティングを行っています。 弊社のサポートは、セルゲイ・フランクとそのチームのが中小企業との長年の仕事で築いてきた経験(常に中小企業からのコンサルタントの要望があったため)を基礎としているものです。弊社のクライアントの皆様は、弊社が独自に開発したこのキーアカウントを高く評価してくれています。

御社の規模はどのくらいですか?

セルゲイ・フランク・インターナショナル社は全部で12名、ライプチヒの本社に7名、他の国内、国外の支店に(オーストリアとロシアにも支店があります)5名駐在しています。

セルゲイ・フランク氏自身はどの程度プロジェクトにかかわっているのですか?

弊社では常に2名のコンサルタントから成るチームで仕事をしています。作業効率のいい2名のチームの持つ柔軟性をもって迅速にでクライアントの要望に応えていけるようにです。 セルゲイ・フランクは与えられた プロジェクト内で積極的に活動しています。

チームの拠点がドイツにあるのにどうやってモスクワや香港、マイアミなどで候補者を見つけるのですか?

適切な人材を探すに当たっては、インターナショナルな、特に中小企業のために作られた大規模なデータバンクを使用します。 さらに弊社は人材を直接探すことにも精通しています。つまりトップクラスのエグゼクティブや専門職の人と直接コンタクトを取るのです。また、チームが豊富な海外滞在経験に基づいて、支えになる国際的なネットワークを築いてあります。。 その他、弊社では徹底したオンラインリサーチも実践しています。 候補者との具体的な交渉は最初は電話またはビデオカンファレンスで行います。 その後それぞれの国で直接の面接を行います。

リクルートを成功させるためには候補者の母国語で面接をしないといけないのではないでしょうか?

母国語についての知識があると、その人物の印象がよりよくわかるということはあります。そのこともあり、弊社のチームはドイツ語、英語、ロシア語、日本語、フランス語、ポーランド語で対応しております。

弊社のクライアントはグローバルな企業ばかりですので、本社と海外支店とのコミュニケーションや国際プロジェクトでのコミュニケーションは英語で行われるのが普通です。

年間平均何件ぐらいの案件を提供されていますか?

管理職ポジションで年間25から35件、それに並びコンサルティングの案件が15件ほどです。

マネージメントレベル以下のポジションの案件もありますか?

弊社の受ける案件は、だいたいトップの管理職ポジションに限られますが、プロジェクトによっては専門職ポジションやスタッフ機能のポジションもあります。

人材探しや販売代理店探しにはどのくらいの時間を要しますか?

候補者が労働契約書にサインするまで、3,4か月かかります。代理店探しは3か月から6か月ほどです。

報酬のデータはどこから持ってくるのでしょうか?

自社の大規模なデータバンクを使います。最近何年分かの似たようなプロジェクトからの情報もいっしょに使います。 比較できる企業(つまり需要の側です)の個々の情報や、リクルート分野の情報(供給側)も持ち出します。

プロジェクトについて質問がしたいときは誰が担当者になるのでしょうか?

常に2名のチームで仕事をしていますので、そのプロジェクトマネージャーかその同僚です。質問があればいつでもすぐにお答えできます。

end faq

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand